Excelで「平成25年分 給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書」の計算を行う

Pocket
Share on Facebook
LINEで送る

平成25年分 給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書

4年前に書いた記事の焼き直しですが、年末調整や確定申告のことを考える時期が近付いてきたので、年末調整または確定申告時の保険料控除申告の計算をExcelにお任せすることにしました。 次項で公開しているサンプルは、(PDF平成25年分 給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書と同じような枠組みを作り、簡単な計算式を配置したものです。

「控除申告書を経理や人事からもらったけど、本当に計算できているかの検算が面倒臭い」といった場合にご利用ください。 ただし、計算結果については一切の責任は負いかねますので、必ずご自身でも計算していただき、このExcelブックは補助的なものとして取り扱ってください。 また、社会保険料控除や小規模企業共済等掛金控除の欄は単純な合計の計算なので、このExcelブックでは省略しています。

このExcelブックを4年前に作成したときは、

  • 数字を入力する前の時点では「0円」ではなく「(空白)円」と表示したい
  • 数字を入力した段階で、「50,000円」のように桁区切りありで表示したい

といった条件でも、CONCATENATE関数などの文字列操作関数ではなく、書式設定を#,###_ "円" とするだけで良い、ということを知ったことが個人的な収穫になりました。 これまでは=CONCATENATE(A1,"円")なんて連結をしたり、

=IF(
 SUM(A1:A3)=0,
  "",
  CONCATENATE(SUM(A1:A3),"円")
)

といったIF文を設定したりしていたので、何という回りくどい書き方をしていたのだ自分は……と思った次第です。 なお、#,###と#,##0の違いは?:Excel エクセルの使い方-書式-表示形式に詳しい解説がありますが、数字を入力する前の時点では「(空白)円」ではなく「0円」と表示したい場合は書式設定を#,###_ "円"ではなく#,##0_ "円" とすると良いようです。

ちなみに、4年前から改良を加えた点として、生命保険料控除の「新・旧」の区分と、地震保険料控除の「地震保険料・旧長期損害保険料」の区分をプルダウンメニューから選択するようにして、SUMIF関数を使って自動で集計するようにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>